FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

iPhoneをカバー抜きでワイヤレス充電可能に改造する方法

iPhoneをカバー抜きでワイヤレス充電可能にする方法←クリック
「iPhone 4S」をワイヤレス充電可能に改造してしまう方法←クリック


ギズモード記事抜粋
[必要なもの(動画の0:33-1:01に写真が出てます)]
ハンダ付け工具
スペアの充電ポート組立部品
極細ゲージワイヤ
スペアのバックカバー
ワイヤレス充電用回路(ここではPowermatで組み立てたものを使いました。Mac of Cultでは「他のどのiPhoneワイヤレス充電ソリューションでもOKだと思うよ」って書いてます)


[手順]

1)ワイヤを充電組立ポートのピン16、23、25、27にハンダ付けします。拡大鏡使うとやり易いかも。半田付け後はこんな感じ(1:23)

2)次にワイヤーを充電器(ここではPowermat)のレシーバーのUSBポイントに繋げましょう。ピンアウトはピン16が0v(ground)、ピン23が+5v、ピン25がdata-、ピン27がdata+(1:41にリストが出てます)

3)終わったら全部正常に動くことを確認し、iPhoneの組み立て直しに移ります。ワイヤレス充電回路をつけるとiPhoneは1mm厚くなるのでバックカバーもこれに合わせて造り直さないといけないんですね。ここではオリジナルのバックカバーを使いました。

4)ガラスをプラスティック製の縁から外し、ガラスに接着剤でついてる金属製プレートを剥がします。

5)ガラスの下にプラスティック製レイヤーを1枚加え、充電回路のかたちに切り抜きます(2:14みたいに)

6)あとはバックカバーを付け直すだけ...これでおしまい! ワイヤレス充電できるiPhone 4Sのできあがりです。

7)早速やって試してみましょう(2:30-)。
  Powermatに乗っけると...おおお、充電中の電池のマークが出てきますね!


改造ですから、これやると製品保証の対象外になります。
ちっちゃいワイヤをちっちゃなピンにハンダ付けしなきゃならない上に、iPhoneのバックパネルが1mm厚くなるので気に入ったカバーがある人は不安かも。


私の意見・感想は続きをどうぞ↓

このワイヤレス充電機能を近いうちに実装して欲しいですね。


iPhoneのワンセグチューナー等を

付けると、どうしてもバッテリーを充電する場所が

塞がってしまいます。

しかし、この様に一つ開ければ

使いが手が良いのではないでしょうか?


そしてこの様に置いて充電するという形式にすると、

スマートでかっこいいです。


いつかこの機能を

iPhoneにも実装して欲しいですね。







↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/946-69e9a774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)