FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

ブログを月間10万PVにする技が絶賛「バンクーバーのうぇぶ屋」

ブログを月間10万PVにする技が絶賛←クリック


ニコニコ記事抜粋
「バンクーバーのうぇぶ屋」というブログの『「公開一週間で10000PV」ダメブログを見直し月間10万PVのブログにするまでの激闘』という12月3日のエントリーが、多数のはてなブックマークを集めるなど人気となっている。

ブログ著者のSenna氏はすでに人気ブロガーとなっており、11月27日の『ここまで教えてくれていいの?!WEB屋のテンションと底力を上げる厳選チュートリアル色々!』でははてなブックマーク数1969ツイート数440を獲得。11月20日の『あなたの作業を音速にするかもしれないWEB屋の作業スピードを上げるチートシート大量紹介』では同2324、同675を獲得し、『「英語だから…」なんて拒否っちゃ駄目なWEB屋が知っておくべき厳選ブログ、WEBマガジン色々』でも同971、同256を獲得した。

12月3日のエントリーでは、そんな人気ブログに作り上げるまでの長き歴史を公開しているのだ。
Senna氏がブログを開設したのは2011年7月。5カ月で月間10万PVを獲得するに至ったそうだが、実はここに至るには、過去5年間のブログ経験が生きたのだという。

過去にもブログはやっていたが、決して人気ブログではなかったSenna氏は、ひたすら人気ブログの分析や、知り合いなどから「人に必要とされる記事」が何かを聞くなどし、記事のクオリティを上げていった。それをツイッターなどで積極的に情報発信することにより、多数の人々の口の端にのぼるブログを作り上げた模様。

同エントリーに対し、コメント欄では「大変勉強になりました。こんな有益すぎる情報、てんこ盛りで出していただいていいのでしょうか?」と感謝する人のほか、「私もこの記事を見習って、初心に戻って、ちゃんとブロガーになろう」と心機一転する人も。

はてなブックマークでも、「始めるのた(に)必要なのは発想、軌道に乗せるのに必要なのは地道な努力ってのはなんでも変わらんな」のように、Senna氏の地道な分析を評価する向きも。

Senna氏は、読者からブログにつけられたコメントにも返事をしており、こうした真摯な姿勢もアクセス数と読者増加につながるようだ。
同エントリーでは「文章やタイトルを考えるとき、とにかく“共感”を考えることにした」など、9項目にわたり時系列でノウハウがまとめられている。これからブログを始めたい人にとっては参考になることだろう。


高いPV数を誇るブロガーには必ず共通点がありますね。

私の意見・感想は続きをクリック↓
確かに人のブログを見るとかなり参考になると思います。

私が絵や映像をブログの上に持ってきているのは、

写真系ブログを参考にしています。


写真系のブログに訪問した際、

1秒で自分が興味ある内容かどうか

判断することができます。

映像は一瞬で多くの情報を手に入れる事が出来るので、

それを参考にして、作っているのが、現在の私のブログです。

PV数関係なく絵があるブログは見やすいと感じました。


無数にあるブログの中から

足を止めさせるためには、

個性が必要となります。

同じ系統のブログを書いている方が多く、

一歩抜け出すのが難しいという現状があります。


なので、参考になることは沢山あっても、

このSenna氏の様にそううまくはいきません。


私は私で、成功者は成功者、

能力、条件、使える時間、目的も全く違います。


また自分独自の個性のある記事なんて

普通に生活していてネタが転がっている訳ではありませんから、

私は自分のペースで、私が「NETに落ちている特別面白いと感じた記事」

を皆さんと共有する事と、自身のブログで作品を作って発表する目的

を第一としてやっていきたいです。



↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/699-6f6d0c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)