FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

「DARPA(ダーパ)」の空飛ぶ車がダサい / お世辞にも「カッコいい」と言えないレベル【「Flying Humvee」】【2012年にはテストフライト?市販?】

DARPAの空飛ぶ車がダサい / お世辞にも「カッコいい」と言えないレベル←クリック

ロケットニュース記事抜粋
米・マサチューセッツ工科大学で訓練を受けた航空エンジニアが設立した会社で、開発が進められており、この車両は2012年には市販されるかもしれない。

最近になってアメリカの国防総省の機関「DARPA(ダーパ)」が、軍事用の飛行自動車の開発を開始することを発表した。しかし、先に紹介した車両と比べると、お世辞にもカッコいいと言えないのである。
これはちょっと乗りたくないデザインだ……。

DARPAが開発を進めようとしている車両は「Flying Humvee」と名付けられている。
現段階では2つのモデルが想定されており、1つは車両上部に大きなプロペラを持つものと、もうひとつが上部の主翼にプロペラを内蔵したタイプのものだ。

いずれも設計段階のようだが、ロッキード・マーチン社とボーイング社にプロトタイプに開発を依頼し、2012年にはテストフライトにこぎ着ける予定である。

実のところ、最初に紹介した「Terrafugia社」は、すでにテストフライトを完了しており、実用化に向けた準備を着々と進めている。
飛行自動車の開発においてDARPAは、民間企業に大幅な遅れをとっている状態だ。しかも、発表されたデザインは、Terrafugia社のものと比べると、どちらかと言えばダサい印象を受けてしまう。

開発スピードでは追いつけないまでも、せめてもう少しカッコいい車両にして頂きたいと思うのだが……。


私の意見・感想は続きをクリック↓
ちょっと信じられない話ですね、

正直疑ってしまいますが、このニュース、ソースはこの海外記事を参考にしているみたいです↓
http://dvice.com/archives/2011/11/darpa-moves-int.php
以前紹介した小型一人乗り飛行機「fly nano」←クリック

ついにこれらが本当であるならば、

空飛ぶ車の時代が来年、もしくはここ5年以内の近い未来

にも来ようとしていますね。

日本で手に入るかどうかは別ですが……。

しかし、

【送料無料】バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン ダイキャストモデル Part.2 フリュー DELOREAN 完成品モデル
私のイメージしたデザインではバック・トゥ・ザ・フューチャーや

スターウォーズに出てくるの様な

車だったのですが、一般乗用車にヘリコプターのプロペラを

付けたようなデザインです。


どちらにしろ、空を飛ぶ車というのは凄いので

改良に改良が重なれば、

きっとデザインも改善された

素晴らしい物になるのではないでしょうか??


しかし、、、、

もし売り出されたとして、

この車はいくらぐらいの値段になるのでしょうか??

楽しみですね。






お手軽空気入れプッシュアップ(足踏み式空気入れ)

お手軽空気入れプッシュアップ(足踏み式空気入れ)

トルネードウォッシャー(手を濡らさず、汚さずに洗車&拭取りできる回転モップ)

トルネードウォッシャー(手を濡らさず、汚さずに洗車&拭取りできる回転モップ)

カーレーダー ZERO 110L

カーレーダー ZERO 110L




↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/654-e4e6b59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)