FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

白黒だけじゃない、色が変わるEインク

白黒だけじゃない、色が変わるEインク←クリック


ギズモード記事抜粋

Kindle Paperwhiteユーザーとしては、Eインクは常に注目。

CES開催真っただ中、E Ink Holdingsが色が変わる新たなフィルムを発表しました。E Ink HoldingsのフィルムPrismは、アマゾンのKindleやスマートウォッチPebbleにも採用されている電子ペーパー技術です。が、今回発表された新素材の色が変わるPrismは、電子リーダーでの使用が目的ではありません。インテリアとして、空間のムードを変えるものなのです。

Prismの利点は、まず消費電力が少ないこと。そして、開発担当者が言うには、ペンキを塗ったような仕上がりだということ。また、プログラム次第で、どんなデザインや画像も映し出すことが出来るのも、もちろん大きな魅力です。


今回の発表では、なぜ電子リーダーのようなモバイル端末に、この新Prismを使う予定がないのかは明確にされていません。採用されれば、カラーの絵本や漫画だってEインクの電子リーダーで読めるのに。色を変えるためのハードウェアが、ポータブル端末に適さないとかでしょうか…。


これはかなり画期的なことだと思います。

Einkの消費電力の少なさはご存知でしょうか?

IT用語辞典より抜粋

基材面に多数の小さい透明なカプセルをコーティングし、カプセル内の帯電した白と黒の粒子に電圧をかけ、電圧の強弱でグレースケール表示を行っている。

紙に印刷した文字と同じく、外部からの光を反射して表示を行う反射型の表示法で、180度近い視野角があるとされる。また一度表示した画像の保持には電力が不要なため、消費電力が少ない利点ももつ。


このEinkは書き換え時のみ電力の消費をするので、

もしこれにフルカラーで色を付けられるのならば、

相当な電力の節約が出来る気がします。

いっそのこと全色がEinkで再現できる様になれば、

今より薄く軽く、更に長持ちなスマホが

出来上がるでしょうね。

ウェブページなどを見る時、

動いている画像が少ないので、

このEinkの分野でも進化を期待しています。

↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/1639-4a711627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。