FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

あなたの脳と心を刺激する! 科学にまつわる信じられない発見30!!

あなたの脳と心を刺激する! 科学にまつわる信じられない発見30!! ←クリック
us5.jpg


ロケットニュース記事抜粋

1 ジュラシックパークのような世界は現実的にあり得ない。化石化した昆虫からDNAを採取するのは不可能。

2 火星最大の楯状火山オリンポス山は27kmもの高さを誇る(エベレストの約3倍)。火星の大気を突き抜けるほどの高さであり、横幅は550kmにもおよぶ。

3 銀河系には最高4000億もの星が存在し、また最高500億もの惑星が存在すると予測されている。その中でゴルディロックスゾーン、つまり水や大気があり生命が存在し得るかもしれない惑星が1%だとするならば、500万個の惑星が地球のように生命体を育んでいる可能性がある。

4 木星の第1衛星であり、地球以外で初めて活火山が発見された天体Io(イオ)の重力はとても低く、火山噴火はなんと400kmの高さにまでおよぶという。

5 金星では金属の雪が舞い落ち、硫酸の雨が降る。

6 今後50年の間、地球において超新星を肉眼で見る機会があるかもしれない。

7 海王星に吹く風は、音速を超えるほど速い。

8 地球の表面における酸素の割合は、45%である。

9 酸素と水素から成る水の1/3は酸素が占めており、もし水素が無くなった場合は、気体になって膨張する。

10 もし酸素が存在しなかったとしたら、水素は対流圏にまで到達し、やがて宇宙まで浮かび上がる。

11 宇宙は、熱した金属と燃料、そして焼いた肉の匂いがする。

12 左右の利き手を決定づける遺伝子が存在する。

13 太陽を白血球のサイズとするならば、アメリカ大陸は銀河系の大きさに相当する。

14 ハッブル宇宙望遠鏡は、史上最も大きいといわれる、16万個にもおよぶ星団を発見した。

15 テレビゲームは人をリラックスさせ、気分を改善し自尊心を回復させる効果があると、最近の研究により判明した。

16 科学者らは最近、地球上で最も大きな単体の活火山を発見した。それは太平洋上日本の沖合にあり、大きさはニューメキシコほどもある。

17 オーストラリア・アデレードで、世界初の太陽光発電バスが運行された。ちなみに同バスのチャージはタダである。

18 汚水から電気を発生させるべく、現在日本の科学者らによって、「微生物燃料電池」が開発されようとしている。

19 ウミカタツムリは、緑色の光を放つ「発光する貝」を、家として所有している。その光には、捕食生物を追い払う効果があるとされている。

20 従来の探査機が行くことのできない場所に行けるとされている、ヘビのようなかたちをした「ヘビロボット」が、調査のため、将来単独で火星に送られる可能性がある。

21 南極大陸の氷底湖、ポストーク湖において、3500以上もの生物の遺伝子断片が見つかった。その多くはまったくの新種であり、その種類はバクテリアに菌類、単細胞生物に多細胞生物とさまざまである。

22 マングースはそのスリムな体で、コブラやマンバ(熱帯アフリカに住む猛毒を持ったヘビ)に勝ちうるだけの力を持つ。

23 小さな生物は、より速く、時間を知覚している。そのため彼らは、人間のような大きな生物を視覚でとらえる際、とてもゆっくり動いているように見えているらしい。

24 地球のマントル(惑星や衛星などの内部構造のこと、核の外側にある層)内奥深くにあるダイヤモンドの形成には、メタンガスの反応性が関わっている。高温高圧時、大気中のメタンガスはダイヤモンドに変換される。

25 3Dプリンター用ソフトウェアのオープンソースがあれば、人口義腕をおよそ10万円以下で作ることができる。

26 ボイジャー1号は、惑星間空間内の音を録音した、初めての無人宇宙探査機である。

27 去る2012年、米カリフォルニア州に落下した隕石の中から、これまで隕石からは検出されたことのない有機物が発見された。

28 写真のカエル(コスタリカからパナマに広く生息していたヒキガエルの1種で、現在絶滅の危機に瀕している)を内部から捕食する、ハエの幼虫が存在する。

29 オラウータンは前もって旅の計画を立て、出発前にその計画を皆で共有することが、最新の研究により判明した。

30 研究者らは、脳内において想像力がどのように、そしてどこから沸いてくるのかを、明らかにした。


こういう記事は面白いです。

印象に残った2つ3つについて、

私なりの感想を述べていきたいと思います。

2 火星最大の楯状火山オリンポス山は27kmもの高さを誇る(エベレストの約3倍)。火星の大気を突き抜けるほどの高さであり、横幅は550kmにもおよぶ。



(火星)オリンポス山:27,000m
エベレスト:8868m
富士山 :3776m

みたいです。

エベレストの3倍で、

富士山の7倍はありそうです。

ちょっと宇宙に飛び出しそうな高さですね。

地球上にあったとしたら、空気とか気圧とか

どれ位なんでしょうか??

3 銀河系には最高4000億もの星が存在し、また最高500億もの惑星が存在すると予測されている。その中でゴルディロックスゾーン、つまり水や大気があり生命が存在し得るかもしれない惑星が1%だとするならば、500万個の惑星が地球のように生命体を育んでいる可能性がある。



どちらにしろこの広い銀河では希少な存在ですね。

そもそも「宇宙人はいるか?」

という問いかけにたいして

私達も宇宙に住んでる生物なので

傍から見れば宇宙人といえるのではないでしょうか。


「地球外生命体はいるか?」

という問いかけに関しては、

この広い宇宙ならば沢山いるでしょう。


しかし、観測・証明できないものなので

現時点の人類にとっては「いない」でも

正解でしょう。


観測や証明ができないものは

存在すると言えるのならば、

なんでもありになってしまいますからね。

5 金星では金属の雪が舞い落ち、硫酸の雨が降る。



まさに地獄の様な環境ですね。


皆さんはどれが一番印象に残りましたか?

↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/1482-8e9e871e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)