FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

なくすと困るアイテムに取り付けてスマホ&クラウドで管理・追跡できる「Button Trackr」

なくすと困るアイテムに取り付けてスマホ&クラウドで管理・追跡できる「Button Trackr」←クリック



gigazine記事抜粋
家の鍵やリモコン、眼鏡などの小物はどこに置いたかうっかり忘れてしまい、探し出すのに一苦労するときもあります。なくしがちなアイテムなどに取り付けて、スマートフォンやタブレットで管理することができるのが「Button TrackR」です。

Button TrackR - Find Lost Items | Indiegogo
http://www.indiegogo.com/projects/button-trackr-find-lost-items

Button TrackRは小さな小物にも付けられるように、直径25mm、薄さ4mmとかなり小型のデバイスになっています。
なくしたものを探す時には、Button TrakRから5フィート(約1.5m)以内に近づくとスマートフォンやタブレットがお知らせしてくれる仕組み。
Button TrakRが近くにないと、デバイスの画面にはオレンジ色のマークが表示されています。
Button Trackrが近づくとオレンジ色であったマークが緑色に変化して教えてくれます。
また、「Sound Alarm」をタップすると、Button TrackRはピーッピーッと音を出して居場所を知らせてくれるとのこと。
Button TrackRを取り付けたアイテムから事前に指定した距離以上離れると、スマートフォンが音でお知らせしてくれる機能もあります。
アプリがインストールされているデバイスを最後に検知した際のGPS情報を覚えてくれているので、指定した距離以上離れてしまってもGoogleマップで発見可能。
マップ上では、青い円形のシグナルを発して居場所を教えてくれます。
Button TrackRからスマートフォンを鳴らすこともできるのも便利な機能です。
なお、Button Trackrをスマートフォンやタブレットで利用するには「Item TrackR」というアプリケーションをインストールする必要があります。現在のところItem TrackRに対応しているデバイスは、 iPhone 4S・iPhone 5・iPad 3・iPad(第4世代)・iPad mini・Android Galaxy S3・Galaxy S4・Galaxy Note 2およびAndroid 4.x搭載デバイスとなっています。


Item TrackRはすでに、iTunesでダウンロード可能。


Button TrackRは現在商品化のために出資を募っている最中ですが、すでに目標額の1万5000ドル(約153万円)を大きく上回る12万7199ドル(約1300万円)集めることに成功。25ドル(約2550円)の出資で1個、90ドル(約9180円)出資すると5個のButton TrackRをゲット可能。アメリカ国内への発送は無料で行ってくれますが、国外への発送は個数により7~10(約710~1020円)ドルの送料が別途必要です。


私の意見・感想は続きをどうぞ↓

これはちょっと使えそうですね。

鍵や時計をなくしたら

とんでもない事になりますから。

気になるものにつけて使うと良いのではないでしょうか?


似た様な製品が同時期にニュースになったので

ここで紹介します↓
コイン型 Bluetoothトラッカー StickNFind が SDK公開、独自アプリの開発に対応←クリック


engadget記事抜粋
クラウドファンディングを経てめでたく一般販売中の Bluetooth トラッカー Stick-N-Find が、対応アプリ開発用のSDKをリリースしました。特定業務用やゲームなど、独自のアプリを書いて Stick-N-Find トラッカーを利用できるようになります。


StickNFind は、直径24mm・厚さ4mm・重さ4.5gのコイン型 Bluetooth 4.0 通信機。Bluetooth 4.0 Low Energy 対応の Android 端末や iPhone と接続すれば、アプリを通じて見通し約30mの範囲内でおおよその距離を取得できます。

(上の「レーダー」画面はそれらしい表示になっていますが、実際に分かるのは距離だけなので、方向はユーザーのほうが動いて遠ざかるか近づくかから判断する必要があります)。またブザーとLEDライトを内蔵し、アプリからリモートで鳴らすことが可能。

標準アプリの機能は、「くっつけて見つける」の製品名どおり、リモコンやキーホルダーなど脱走しやすいものにあらかじめ付けておいてアプリから見つけること。ペットの首輪やこどもの靴、かばんなどにつけておき、一定距離から離れたり圏外になったら、圏内になったら警告する機能もあります。

今回SDKが公開されたことで、特定の管理業務やゲームなど標準アプリにない使い方をしたり、既存のアプリに StickNFind対応を組み込むといったことができるようになります。

StickNFind タグは2個で49.99ドルから、10個セット199.99ドル、20個389.99ドルで販売中です。


こういうGPSがついているものは、

物だけではなく、

子どもの現在位置の把握等にも

使っていきたいですね。



↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/1277-8764fbc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)