FC2ブログ

初めて来た方は上記の「このブログについて」をお読み下さい

パソコン関連、ニコニコ動画、通販、ヤフオク、面白いニュースを主として、話題は自分のきままに書きます。
この「NETで見つけた宝物」はリンクフリーです、貼っていただけると嬉しいです。

画像、文章等を引用・参考にしているニュースサイトについて←←

世界初3Dプリンターで制作された銃が、ついに火をふく

世界初3Dプリンターで制作された銃が、ついに火をふく←クリック



ギズモード記事抜粋
プラスティックで作られた銃。

テキサス大学の法律学部生、25歳のコーディ・ウィルソン(Cody Wilson)さんが制作した銃Liberator。
先日完成したばかり世界初の3Dプリント銃が、早くも試し撃ちに成功しました。
ほぼプラスティックでできており、唯一金属が使用されているのは、撃針部分のみ。
22口径弾が使用されているようですが、人に向って打てば十分殺傷能力のある弾。

これによって、3Dプリンターで使える銃が作れてしまうことが証明できた、つまり今後なんの登録や確認なく銃を手にする人が現れるかもしれないということです。
制作したウィルソンさんは「殺人に使われる可能性はあるかもしれない、だからといって作らないべきだという理由にはならない」と語ります。

技術が1つ進めば、解決される問題が多くある一方、それと同じ数ほど新たな問題が出てくるものなのでしょうけれど...。
銃という取り扱いが難しい物なので、すごいね! とは素直に言えない気持ちです。


私の意見・感想は続きをどうぞ↓

まさか拳銃まで

3Dプリントができるとは・・・。

すごいですね。

また新しく

技術に法律が追いつかない

事態になりそうです。


3Dプリンタなんて、

ドラえもんの道具の様なものも、

近い未来手軽に扱えるように

なるんでしょうね。


その時、どの様な事が起きるのか、

非常に気になります。

皆の意見・感想↓
・弾と弾薬がプリントできないことを幸いに感じます。
弾がなければプラスチック製のモデルガン、飾り物ですから。
→この銃に使えるような小口径弾丸だと、ウォルマートあたりで
ビニール袋に入ってフックにぶら下げるような形で売ってるんですよね。
まあ日本などの銃規制のある国なら弾薬の入手も困難ですから比較的安心ですが。
・ウィルソン氏の浅はかさを感じる。
銃規制国であっても、3Dプリンターとその銃作製プロトコルと材料さえあれば作れる、ということは
どういう意味があるかわかって言ってるんだろうか?
おそらく彼には大金でその資料を買いたいという人間が出てくるはず。
問題はすでに始まっている。
・3Dプリンターもどんどん安くなり手に届く価格帯のものもでき始めました。
作ることは自由かも知れないけど作られた後のことにも責任を取れるのか?
この銃のデータが流通して誰でも同等のものが作れるようになったら、インターネットが
国境を越えて法律の枠で囲い込めなくなった以上に恐ろしいことになりそうな気がするのは
私だけではないと思います。
・下衆の極みってまさしくこいつのことだ。
今後、全世界で何十万、何百万人の苦悩を解消し得るこの技術で殺傷玩具を作った愚人。
こんな恥ずかしい歴史の名の残し方だけはしたくない。
・で、鉄パイプでこういう簡易銃作るのとどう違うんですかね。
ちなみに動画に出てくるリベレーターとは昔レジスタンス用に作られた
簡易なプレスと鉄パイプで町工場レベルで製造できる簡易銃の名前。
・作らないべき。つーか、これはプラスチック製だけど、そのうち金属製のも出てきたらと思うと・・・
・作らないべきだな
・作らないべきでしょうに。



↑↑気に入った記事があったらtwitterで感想や呟きをしてくれると励みになります!!(*´∀`*)

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

クリックでサイト支援!!(小) クリックでサイト支援→ 人気ブログランキングへブログランキングbnr.gifblogram投票ボタン【トレミー】人気ブログランキング

トラックバック

トラックバック URL
http://aaaaaaaaaaaaaaaaaa0.blog119.fc2.com/tb.php/1240-00ef5ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)